プログラム

学会大会TOP 大会長挨拶 演題募集 演題登録
出展募集案内 申込書1・2 会場のご案内 宿泊案内
一般演題 発表者の方へ プログラム 事前参加登録
メディカルショー案内 ランチョンセミナー 懇親会 滅菌・特別講座

 

学術大会プログラム 【PDF】

 

マネジメントセミナー【PDF】

6月13日(木)13:00~15:00

第1会場
セミナー1 「保守・保護」 定員:450名

第2会場
セミナー2  「大規模災害時における医療のBCPを考える」 定員:350名

第3会場
セミナー3  「人材育成と働き方改革について」 定員:300名

参加費:3,000円(テキスト代を含む。当日、受付にてお支払いをお願いします。領収書をその際にお渡しします。)
本学会で認定している滅菌技師・士、MDIC、臨床ME専門認定士が、本セミナーに参加した場合、下記のポイントを加算します。
(滅菌技師・士5単位、MDIC・臨床ME専門認定士10ポイント、94回日本医療機器学会大会参加とは別に加算。セミナー3会場を行き来した場合の、重複加算はありません。)
※マネジメントセミナー参加ご希望の方は以下のどちらか(メール・FAX)での方法でお申込みください。
事前受付締切日は6月10日(月)です。
尚、当日会場での受付も行っております。(お席が満席になり次第締め切らさせて頂きます)
①メール:受付専用ページにて、必要事項を記載しメールでのお申込み
②FAX:PDFファイルをダウンロード後、必要事項を記載しFAXでのお申込み(準備が整い次第開始いたします)

ランチョンセミナー

各セミナー当日の朝8:00から大会総合受付横で先着順にお弁当の引換券を係が配布します
(ランチョンセミナーは学会大会参加登録をされていない方は参加できませんのでご注意ください)

6月14日(金)12101300
 ランチョンセミナー1 第1会場
「短時間判定BIを軸とした滅菌の新しい履歴管理システムについて」
 共催:ASP Japan 合同会社

ランチョンセミナー2
第2会場
「ドイツにおける器材運用のトレンドとその考え方」
共催:ビー・ブラウンエースクラップ㈱

6月15日(土)
12:10~13:00

ランチョンセミナー3 第1会場
「諸外国におけるゾーニングおよびCSSDデザインのトレンドについて」
共催:ゲティンゲグループ・ジャパン㈱

学術大会

大会長講演

6月15日(土)第1会場 11:00~11:55
「その先に思いを馳せて-我々は何を遺せるか-」
臼杵 尚志(香川大学医学部附属病院 手術部・部長、病院教授)
座長 中田 精三(市立伊丹病院 病院事業管理者)

特別講演

6月14日(金)第1会場 11:00~11:55
「平賀源内と医療機器」
石上 智(大阪商業大学・教授)
座長 臼杵 尚志(香川大学医学部附属病院 手術部・部長、病院教授)

教育講演

教育講演1
6月14日(金)第3会場 14:00〜15:00
「医療画像AI」
森 健策(名古屋大学大学院情報学研究科知能システム学専攻・教授)
座長 佐久間 一郎(東京大学大学院工学系研究科・教授)

教育講演2
6月14日(金)第2会場 14:00〜15:30(同時通訳)
「ヨーロッパにおける再生処理のトレンド」
①医療機器再生処理の品質管理とリスク管理
Klaus Roth(SMP GmbH Prüfen Validieren Forschen)
②医療用洗剤の適格性―新たな洗浄試験の開発
Urs Rosenberg ,PhD(Borer Chemie AG)
座長 松田 和久(相生会 福岡みらい病院・麻酔科部長、手術室部長)

教育講演3
6月14日(金)第4会場 10:00〜10:55
「病院の大規模改修/建て替えにおける留意点」
安原 洋(東京逓信病院・病院長)
座長 矢冨 裕(東京大学大学院医学系研究科内科学専攻 病態診断医学講座臨床病態検査医学分野・教授)

教育講演4
6月14日(金)第4会場 14:00〜15:00
「医用電気機器の安全基準(JIS T 0601)及び病院電気設備の安全基準(JIS T 1022)改正の概要」
中島 章夫(杏林大学保健学部臨床工学科・准教授)
座長 加納 隆(滋慶医療科学大学院大学医療管理学研究科・教授)

教育講演5
6月15日(土)第3会場 14:00〜14:55
「仕様書について学ぶ」
①外部委託の仕様書について
東盛 文彦(大阪大学医学部附属病院 管理課)
②失敗しない物品購入はどうあるべきかー入札仕様書を知るー
平瀬 智久(サクラ精機㈱感染制御事業本部感染制御営業部・部長)
座長 髙松 千洋(佐賀大学医学部附属病院 手術部・副部長)

大会特別企画

6月15日(土)第1会場 14:00〜16:45
「滅菌供給業務の品質向上のために我々は何をせねばならないのか」
座長 高階 雅紀(大阪大学医学部附属病院 材料部・部長)
深柄 和彦(東京大学医学部附属病院 手術部・准教授)
基調講演:「中材業務の品質改善に向けた新しい動き」
深柄 和彦(東京大学医学部附属病院 手術部・准教授)
「パネルディスカッション」
①滅菌業務品質の見える化~滅菌バリデーション
齋藤 篤(大阪大学医学部附属病院 材料部・副部長)
小林 誠(日本心臓血圧研究振興会附属榊原記念病院)
②洗浄業務における品質の考え方と見える化について
藤田 敏(クリーンケミカル㈱ 技術部第一開発グループ グループマネージャー)
③教育、組織マネジメントにおける「見える化」
大西 真裕(昭和大学大学院保健医療学研究科 博士後期課程 医療マネジメント教室)
④諸外国における材料部施設整備設置基準について
Jörgen Alstberg(Getinge Infection Control AB)

平成30年度褒章者表彰式

6月14日(金)第1会場 13:10~13:30
論文賞:岡﨑 悦子(横浜市立市民病院)
著述賞:中島 章夫(杏林大学)

論文賞受賞記念講演

6月14日(金)第1会場 13:00~13:50
Enterococcus faecium を使用した洗浄消毒装置用生物学的インジケータの開発」
岡﨑 悦子(横浜市立市民病院)

シンポジウム

シンポジウム1
6月14日(金)第1会場 9:00〜10:55
「再製造単回使用医療機器(R-SUD)-事業の進捗と医療機関での対応-」
座長 大久保 憲(医療法人幸寿会 平岩病院・病院長)
髙橋 典彦(北海道大学病院 手術部・副部長)
①再製造単回使用医療機器(R-SUD)事業の進捗について(仮)
伊藤 由美(日本ストライカー㈱薬事・臨床開発統括本部・シニアディレクター)
②再製造単回使用医療機器(SUD)の洗浄滅菌ガイドラインについて
宮島 敦子(国立医薬品食品衛生研究所 医療機器部・室長)
③医療機関における使用済みSUD収集事業への対応の諸問題
高階 雅紀(大阪大学医学部附属病院 材料部・部長)
④医療機関からの使用済みSUDの収集について−事業者の立場で−
佐々木 勝雄(㈱ホギメディカル 生産本部・取締役生産本部長)

シンポジウム2
6月14日(金)第1会場 16:00〜18:00
「医療機器安全管理における質の向上に向けて-規制の最新動向と医療機関における対応-」
座長 中野 壮陛(公益財団法人医療機器センター・専務理事)
南  正人(大阪大学医学部附属病院 手術部・部長)
①医療機器安全管理に関する施策の動向
五十嵐 雄大(厚生労働省医政局経済課医療機器政策室)
②放射線関連機器等の安全管理の現状
熊代 正行((公財)大原記念倉敷中央医療機構 倉敷中央病院放射線技術部・技師長)
③病院における放射線関連機器等の安全管理の取り組み
富田 博信(済生会川口総合病院 診療技術部・副部長)
④生命維持管理装置の安全管理の現状
青木 郁香(公益財団法人医療機器センター)
⑤病院における生命維持管理装置の安全管理の取り組み
―品質マネジメントISO9001による医療の質の向上―
中村 充輝(奈良県総合医療センター 臨床工学技術部・係長心得)

シンポジウム3
6月14日(金)第4会場 9:00〜10:55
「なぜ?今?電波管理!〜その先をいく病院内での電波管理の充実を目指して〜」
座長 新 秀直(東京大学医学部附属病院 企画情報運営部・講師)
廣瀬 稔(北里大学医療衛生学部医療工学科臨床工学専攻・教授)
①なぜ、今電波管理が求められているのか?
加納 隆(滋慶医療科学大学院大学医療管理学研究科・教授)
②医療機関における安全な電波利用に関する地域協議会の取り組み
花田 英輔(佐賀大学理工学部・教授)
③医用テレメータにおける受信不良の実例と対策
福田 憲志(日本光電工業㈱カスタマーサービス本部AS関西兵庫サービスセンタ)
④医用テレメータにおける近隣施設からの電波混信の経験と当院の取り組み
吉山 潤一(中国電力㈱中電病院 ME管理室)
⑤医療機関での電波によるトラブル事例の可能性(実験的検証結果)
藤井 清孝(神戸市立西神戸医療センター 臨床工学室・主査)
⑥電波管理の取り組みと経験したトラブル事例
山口 智(大阪医科大学附属病院 臨床工学室・主事)

シンポジウム4
6月15日(土)第4会場 9:00〜10:55
「大規模災害対策、BCP(Business Continuity Plan)を考える」
座長 平田 哲(旭川医科大学・理事、副学長)
植竹 茂(ケイセイ医科工業㈱代表取締役)
①BCP対策のためのUPS選定について
結城 昌子(ニシム電子工業㈱)
②BCPからBCM、BCMSへの展開
大内 智之(なめがた地域医療センター)
③「医療を止めない」ためにーテルモBCPの進化についてー
繁田 一伸(テルモ㈱総務部長)
④大規模災害対策、BCP策定時に何を考慮する?-地震の経験から-
生田 義浩(熊本大学医学部附属病院 中央手術部・副部長)
⑤大規模災害対策、BCP(Business Continuity Plan)を自分も策定してみよう!
江島 豊(東北大学病院 手術部・材料部・特命教授・副看護師長)

シンポジウム5
6月15日(土)第4会場15:00〜16:30
「耳鼻咽喉科・歯科口腔外科領域の医療機器管理を考えよう 変えよう 感染対策 安心して受診できるために!」
座長 内田 美保(公立小松大学保健医療学部看護学科・教授)
林 正晃(第一医科㈱代表取締役)
①歯科領域でのインフェクションコントロールをレベルアップ
岸本 裕允(兵庫医科大学歯科口腔外科学講座・主任教授)
②耳鼻咽喉科領域における医療機器管理-個人病院における現状と課題
森口 誠(誠友会 森口耳鼻咽喉科・院長)
③ユニットで使用される医療機器の再生処理ー外来看護師の苦労、工夫ー
野田 洋子(金沢医科大学病院 医療安全部 感染制御室・課長)
④医療機器の洗浄から考える感染対策
原田 陽滋(クリーンケミカル㈱開発戦略部)

パネルディスカッション

パネルディスカッション1
6月14日(金)第2会場 16:00〜18:00
「医療機器・鋼製器具のトレーサビリティ 〜ベネフィットと課題〜」
座長 久保田 英雄(東京医科歯科大学医学部附属病院 材料部・副部長)
美代 賢吾(国立国際医療研究センター 情報基盤センター・センター長)
①GS1識別コードとトレーサビリティ
植村 康一(一般財団法人流通システム開発センターソリューション第1部・部長)
②手術器械単品管理による修理の適正化
貝沼 純(福島県立医科大学附属病院 手術部・副看護師長)
③滅菌業務における教育とトレーサビリティ
濱田 真由美(静岡県立こども病院・看護師長)
④年間100万回を超える2次元コードの読み取りがもたらす費用削減効果
笠松 眞吾(福井大学医学部・技術専門職員)

パネルディスカッション2
6月14日(金)第3会場 16:00〜18:00
「この資格を得て私は・・・・」
座長 戸畑 裕志(九州保健福祉大学保健科学部臨床工学科・教授)
中島 章夫(杏林大学保健学部臨床工学科・准教授)
①滅菌技師・士としてー看護師の視点からー
唐橋 眞理子(小豆島中央病院 看護部 感染対策室・室長)
②MDIC(医療従事者)として
佐藤 久弥(昭和大学大学院保健学医療学研究科・准教授)
③MDIC(医療機器業界)として
山下 尚登(山下医科器械㈱代表取締役社長)
④院内の臨床ME専門認定士としての役割について
平林 則行(慶応義塾大学病院 医用工学室・課長)

パネルディスカッション3
6月15日(土)第1会場 9:00〜10:55
「いまもう一度考える 手術室における業者貸し出し手術器械Loan Instruments)の現状と課題」
座長 田中 聖人(京都第二赤十字病院・内科部長、医療情報室長)
東 竜一郎(サクラ精機㈱代表取締役社長)
①地域研究会における整形外科借用器械の運用実態調査と課題
久保木 修(京滋滅菌業務研究会)
②委託業者の立場から業者貸し出し器材の対応10年を振り返る
加藤 美加(㈱日経サービス メディカルサポート部)
③現場作業者の立場からー業者貸し出し器材の当院の現場と課題ー
市橋 友子(聖路加国際病院 物品管理課 中央滅菌室)
④メーカの立場における貸し出し手術器械 (Loan Instruments)の運用・管理の現状と課題
三崎 琢也(日本ストライカー㈱オペレーションテクノロジーアンドプランニング・ディレクター)
⑤滅菌受託における業者貸し出し手術器械取扱いの問題点
黒田 正敏(日本ステリ㈱事業本部・副本部長)

パネルディスカッション4
6月15日(土)第2会場 9:00〜10:55
「医療機器添付文書をいかに読み解くか」
座長 青木 郁香(公益社団法人日本臨床工学技士会・業務部長)
酒井 順哉(名城大学大学院都市情報学研究科保健医療情報学・教授)
①医療機器の市販後を監視する立場から
植木 光樹(独立行政法人医薬品医療機器総合機構・医療機器品質管理・安全対策部 医療機器安全課・調査専門員)
②添付文書を作成するメーカの立場から
小林 武治(大研医器㈱開発部開発企画課・課長)
③添付文書を利用する医療従事者の立場から−滅菌供給業務に従事する私の経験から言えること−
児玉 要輔(積発堂 富永草野病院 看護部・手術室)
④添付文書を利用する医療従事者の立場から
村越 智(東京大学医学部附属病院 手術部・講師)
「添付文書を上手に読み解くには−総括的な立場から」
青木 郁香(公益社団法人日本臨床工学技士会・業務部長)

パネルディスカッション5
6月15日(土)第2会場 14:00〜15:30
「病棟で管理する医療機器の現状と安全な管理方法」
座長 上井 悦子(香川大学医学部附属病院 手術部・看護師長)
加藤 伸彦(北海道情報大学医療情報学部医療情報学科・准教授)
①ナースCEの考える病棟の医療機器管理―緊急ではない重要な事をいつやるのか?―
島田 尚哉(神戸健康共和会東神戸病院 安全管理推進室・主任)
②患者に安全な医療を提供するための看護師と臨床工学技士の協働について
萩原 奈美(高松市立みんなの病院・HCU看護主任)
③電気手術器・レーザ手術器から始める外来・病棟の医療機器保守管理体制構築
松月 正樹(三重大学医学部附属病院 臨床工学部・主任)
④消化器内視鏡センターでの機器管理における現状と展望
柴森 直也(大阪医科大学附属病院 消化器内視鏡センター)
⑤医療機器中央管理体制における臨床工学技士の役割
東條 圭一(北里大学病院 ME部・技師長)
⑥当院が抱える院内医療機器管理体制の問題と将来展望
菊地 昭二(東北大学病院 診療技術部臨床工学部門・臨床工学技士長)