大会長挨拶

学会大会TOP 大会長挨拶 演題募集 演題登録
出展募集案内 申込書1・2 会場のご案内 宿泊案内
一般演題 発表者の方へ プログラム 事前参加登録
メディカルショー案内 ランチョンセミナー
第93回日本医療機器学会大会 大会長 南 正人 大阪大学医学部附属病院 手術部 部長・病院教授

第93回日本医療機器学会大会
大会長 東 竜一郎
サクラ精機株式会社
代表取締役社長

大会テーマ

医療技術、医療機器産業の明日を考える

このたび,2018 年5月31 日から6月2日までの3日間,パシフィコ横浜で開催されます第93 回日本医療機器学会大会の大会長を拝命しました,サクラ精機㈱・代表取締役社長の東竜一郎と申します.長い歴史と伝統をもつ本学会大会も93 回目を迎え,明治の年号をそのまま継承すると「明治150 年」の節目に大会長を仰せつかりました事に対しまして,この上なく光栄に存じますと共に,大会長にご推挙頂きました学会の理事,代議員,そして会員の皆様に改めて感謝申し上げます.先輩諸氏の教えを胸に,この第93 回大会も有意義な学会とすべく,皆様方のご支援,ご協力のもと鋭意努力して参る所存ですので,何卒宜しくお願い申し上げます.

さて,皆様もご承知の通り,我が国の医療を取り巻く環境は,少子高齢化と疾病構造の変化に代表されるがごとく,医療供給制度そのものや,供給される医療機器・材料に求められる姿も変わっていく必要性に迫られています.また,医療技術や機器・材料の効能/効果と医療経済への貢献度がエビデンスと共に益々求められて来ています.更に,医療そのものを支える医療提供者や産業界(医療機器製造業者,流通販売業者,サービス提供事業者等)の人材育成も,グローバル化や多様化という側面,あるいは広義な意味での倫理面で大きなテーマである事は周知のとおりです.①「医療コストの増加に対し,医療技術や医療機器・材料はどう評価されるべきか」,②「日本医療機器産業の経済発展はどう成し遂げられるべきか」,③「日本発の医療機器におけるイノベーションの促進を加速するには何が必要か」,④「医療提供者や産業界の人材育成は更にどうある  べきか」,テーマは数多く顕在化しています.

今回の大会テーマは,「医療技術,医療機器産業の明日を考える」とさせていただきました.昔から言われる和洋の諺に,「沈黙は「金」なり」という言葉がありますが,現代そして将来の医療を望むとき,産業界として,あるいは産官学や関連団体の枠を超えて,すべてのステークホルダーが大いなる語り合いと,議論を深める事が必要でありましょう.上記に掲げたテーマはごく僅かばかりでありますが,これらを常に念頭に置き,また昨今のキーワードとしてしばしば用いられる,「医工連携」,「ベンチャー企業との積極的連携」,「サービスの充実を伴う日本発医療機器の世界進出」,「ITやロボット技術の活用」,「最先端医療技術」,「人材育成制度」なども視点としつつ,患者様を代弁する医療現場への十分な理解をもとに,この大会が皆様にとって大きな議論の場であり,かつ情報受発信の場となり,有意義,且つ明日の医療を考える機会の一助となればと願っております.

そのためには,より多くの皆様方から演題のご発表を頂く事が何よりも大切である事は言うまでもありません.ひとつひとつの演題が,学ぶ場の提供となり,また議論を呼び起こし,今後の方向性を見いだすきっかけとなることでしょう.プログラム委員一同,鋭意努力し,素晴らしい学術大会にして参りますので,皆様方の多くのご参加を切に願っております.末筆となりましたが,学会に関連する皆様のご健勝をお祈りし,本大会へのご協力を重ね重ねお願い申し上げ,大会長の挨拶にかえさせて頂きます.

 

第93 回日本医療機器学会大会
大 会 長  東 竜 一 郎
(サクラ精機株式会社・代表取締役社長)